顔を美容整形して見た時の体験

術後はダウンタイムのため有給休暇を利用

昔から顔にコンプレックスがあり美容整形を考えていた / 鼻にプロテーゼを入れる施術を受ける / 術後はダウンタイムのため有給休暇を利用  / お手軽で安く利用した美容整形とその後の状態

現物を見せてもらいましたが、そこまで大きなものではなく、シリコン状のものだったことを記憶しています。
これが自分の鼻の中に入ると思うと何だか愛着がわいてきます。
気がついたときには、既に手術が終わっていました。
鼻のところに大きなテープとガーゼが貼られておりそのままでは帰宅することができないため、深めの帽子をかぶりタクシーを呼んでもらったのです。
その日はなんとか家に帰りましたが、翌日仕事を入れると「その鼻どうしたの」と言われてしまうため、1週間程有給休暇をとったわけです。
1週間もたてば、鼻のガーゼなどはとることができるためです。
食料などを買い込んで1週間ろう城するようなかたちで自宅にいました。
そして1週間がたつ前に病院に行きガーゼとテープをとってもらいました。
特に問題はないとのことで、そのまま生活をしてよいと言われたわけですが、それでも、激しい運動などはしてはいけないと言われたわけです。
激しい運動といっても、私がするのはおそらく電車に乗り遅れそうになったときに駅を走るぐらいでしょう。
この点は、出発時間さえ気をつければ特に問題なさそうです。